起源

ネコ科の系統分岐

猫の起源では、ミアキスからプセウダエルルス(シェーダエルルス)まで、初期の猫の進化を見てきました。このあとネコ科が登場し、8系統37種に分かれていきます。元々、骨や化石の調査で分類していたのですが、近年のDNA解析技術によりネコ科動物の系統樹が細かいところまで明確になりました。

イエネコの起源

過去においては、イエネコはいくつかの種との混血だという意見が主流だったのですが、DNA分析してみると、イエネコの祖先はすべて中東のヤマネコであるリビアヤマネコの1種であることが判明したのです。

猫の起源

猫の起源は、今から約6500万前~4800万年前(暁新世から始新世中期)にかけて生息していた、ミアキス (Miacis) という体長約30㎝ほどの小型肉食獣までさかのぼります。ミアキスは、猫だけでなく犬やアシカなどを含む食肉目の祖先、あるいは祖先に近縁な動物とみられ、イタチやマングース科のフォッサに似ていたとされています。猫や犬、アシカなどの祖先が同じだったとは、驚きですね。

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com