4/5ページ

4/5ページ

猫の鳴き声

イエネコの場合、鳴くと飼い主がエサをくれたり何か良いことがあるので、コミュニケーションの手段として鳴いていると思われます。鳴き声の意味は、ざっと分類すると約20種類になると言われていますが、大きく分けると2種類、相手に向かって呼びかける時と威嚇する声に分けられます。

猫のヒゲ

昔から「猫のヒゲを抜くとネズミを捕らなくなる」と言われるほど、猫にとってヒゲは重要です。他の毛に比べ、3倍も深く皮膚の下に埋まっているので簡単には抜けませんが、強く引っ張ると痛みが走るのでやめてください。英語でヒゲは「whiskers」と言い、「the cat's whiskers(猫のヒゲ)」でとても素敵なこと、とびきり上等な人、という意味の慣用句で使うこともあります。

ネコ科の系統分岐

猫の起源では、ミアキスからプセウダエルルス(シェーダエルルス)まで、初期の猫の進化を見てきました。このあとネコ科が登場し、8系統37種に分かれていきます。元々、骨や化石の調査で分類していたのですが、近年のDNA解析技術によりネコ科動物の系統樹が細かいところまで明確になりました。

猫のしっぽ

人間の体は、尾は退化して尾てい骨だけが残っていますが、猫のしっぽはバランスをとったり感情を表現するための、大切な器官です。内部には「尾椎(びつい)」という短い骨が連続して連なっていて、12個の筋肉がついているので、まっすぐ伸ばしたり丸めたり、左右に動かすなど様々な動きを出すことが可能になっています。

なぜ猫にワクチンを接種するのか

いぬねこワクチン 伴侶動物ワクチン懇話会が、動物病院で2013年9月~2015年8月の過去2年間の感染症の発生状況について、全国600名の獣医師へアンケート調査を行ったところ、「疑いのある症例を診断した」および「抗原・抗体・PCR検査陽性などで確定診断した」の合算で、猫ウイルス性鼻気管炎(95.7%)、猫カリシウイルス感染症(83.0%)、猫伝染性腸炎(36.8%)という発生率になっていました。

ネコ耳について

猫は、よく低い姿勢でクンクンにおいを嗅いで歩いている、というイメージを持っていたのですが、飼ってみると鼻よりも耳の良いことに気づきました。鼻が良いのは犬で、猫の鼻は人間の20万倍以上、犬の鼻は人間の100万倍~1億倍の嗅覚と言われています。もちろん、人間に比べれば圧倒的に良いのですが、犬は「①嗅覚 → ②聴覚 → ③視覚」の順に、猫は「①聴覚 → ②嗅覚 → ③視覚」の順に頼って行動しているようです。

猫の起源

猫の起源は、今から約6500万前~4800万年前(暁新世から始新世中期)にかけて生息していた、ミアキス (Miacis) という体長約30㎝ほどの小型肉食獣までさかのぼります。ミアキスは、猫だけでなく犬やアシカなどを含む食肉目の祖先、あるいは祖先に近縁な動物とみられ、イタチやマングース科のフォッサに似ていたとされています。猫や犬、アシカなどの祖先が同じだったとは、驚きですね。

1 4 5
WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com